借金まみれで貧乏だった家を出て上京した際に大学の奨学金を自分で申し込みましたが、金額がなんと500万円有り、卒業して就職しても新卒の私に支払はきつかったです。

支払いの為に消費者金融で借りたり、必要なモノをクレジットカードで買って支払を遅らせる事で時間を稼いで支払ったりしていましたが、総量規制でこれ以上借りられないと成ってしまいました。

まだ若く年収が低いので、総量規制に引っかかると全然借りられませんから、毎月かつかつの生活です。

そんなときに同僚が月に3人ずつ、2ヶ月間連続で結婚という流れに成り、まさに結婚ラッシュで貯金の無い私は祝儀も無いし二次会の費用も無く、とは言え同じ部署の仲間で出ないわけにも行かないという最悪の状況でした。

結婚式用のスーツも無く、仕方なく利息が高いと解っていながらも闇金業者に十万円の借り入れを申込んで、家族全員の住所と電話番号、そして銀行口座を2つ渡すことで新規でも借入出来ました。

借金できても金利がトサンという暴利ですから、翌月から金利だけを支払いジャンプし続けるという状態になり、元金は全く減らないのに既に三十万円支払っています。

これ以上払えないと死にたい気持ちで相談に行った弁護士協会で、法テラスの会員である弁護士が闇金からの借金の整理は電話一本で終わると聞き、直ぐに解決して頂きました。

No comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>